読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子ちゃん&ひよこママの気ままな台湾旅行

根性無し・お金も無し・高齢出産にて体力も無し!の三拍子そろったひよこママが、双子ちゃんと一緒に、ほぼ無計画で実行する台湾旅行記

台湾から保険のお誘いがやって来た もうかる話なんて本当にあるのか?

 いつもの友人からいい保険を見つけたというメールがやって来ました。台湾人には利益が少ないけど、日本人には利益が大きいという話です。友人の職業はお金に関する事で、とある資格を持っていて大きな企業でバリバリ働いていて、今ではそれなりの地位にいるよう。付き合いも長いので変な話では無いと思うけれど、絶対もうかる話なんていうのは信じがたく、投資には元々興味が無いし、そういうところにまわすお金も無いしどうしたものかと。

 

 「お金無くても大丈夫?」と何度もメールしたけれど、「大丈夫。」ばっかり。そして昨夜細かい話が送られて来ました。私のPCはエクセルが開かないのでひよこパパのメールに転送。先に読んだひよこパパは仰天。

 

 早い話が我が家には全く似つかわしく無い話でした。「保険」と言うよりも「積み立て」に近い話。多分、最低の金額を伝えてくれてると思うのですが、毎月約9万円を5年から15年間ドルで積み立てると沢山利益が付くという…。

 

 これは即効断ろうとすぐにメールしました。その返事の分かったよの後に、なんと友人は子供のためにこの商品を購入した事が書かれていました。もっと仰天。

 

 英語の家庭教師をつけて、そのうち年に2回の留学を予定、ゆくゆくは海外の大学へ進学までを描いている人はお金の事もきっちり考えてるのかと。計画性のある人ってすごい。

 

 それに引きかえ、最近の私は着物の事で頭がいっぱいでした。持っているものをお店で見てもらった結果、丈が直せないとか、色や柄が若すぎて無理だとか、最悪なのはかびが生えてるとかで。寸法を直して着るのが前提ですがそこまでもたどり着けないものばかりで、手持ちのものだけでコーディネイトするのは厳しいと判明。帯欲しいなぁとか思ってたりで。

 

 子供にお金を残す母親と、自分の欲しいものに使う母親で大違いだなぁと。格好長い時間もんもんとして、帯とか言ってる場合じゃ無いのかと思いましたが、着物は日本文化の1つですから教育の一環として現物を見せるのはありだと結論。さて、最初に買うのは何になるのでしょうか。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

ついに燕の巣が届く EMSはもっと安かった

 今週月曜日の夕方、台中の郵便局に持ち込まれた荷物は5日後の金曜日の午前中に到着しました。

 

 NTD920(3036円)と聞いていた料金は、実際にはNTD850(2805円)です。届いた品物の重さは3kgでした。日本のEMSの料金表では4300円です。やはり台湾からの方が安いです。

 

 開けたら「自然の顔」とは違うクラッカーが入っていました。食べた感じはこちらの方がしっとりしている気がします。S夫妻にも声をかけようと思います。N女史の好物ですからね。

 

f:id:hello-taiwan:20170210112127j:plain

 

 クラッカーをのけると燕の巣とご対面。初めまして、よろしくお願いしますという感じです。

 

f:id:hello-taiwan:20170210112430j:plain

 

 箱の底にマスクが。

 

 お願いしたはずの白きくらげはどこにも見当たりません。台湾人らしい。以前台湾で、「お金のある人は燕の巣を食べるけど、貧乏人は白きくらげを食べるのよ。」と聞いた事があって、私は白きくらげのグループだと納得済みなので、家から白きくらげのストックが無くなるのはちょっと心細くなります。日本で買うと高いので。まぁ、お願いすればそのうち送ってもらえるでしょう。

 

 他のメーカーの燕の巣のサイトには、1瓶150gを朝晩1さじで1週間で食べ切ると書いてありました。朝もですか。リッチですね。今までの私の知識では夜寝る前しか知りませんでした。私の買ったのは230gなので10日が目安ですね。

 

 今、冷静に考えると、お肌のために1万円の美容液1本と燕の巣1瓶のどちらにお金を使うかと聞かれたら返答にはずいぶん困ります。美容液は1~2ヶ月は持つでしょう。それに引きかえ燕の巣はたったの10日です。少しでも長く夢を見るなら美容液に軍配を上げます。しかし、今回は花火のような体験がしたかったのです。人生に1回位こういう事があってもOKでしょう。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

冬季うつ、プチうつの人よ、台湾へ行こう

 何年前の事か忘れましたが、毎月不妊治療のために通院していた私に、先生が突然、しかし淡々と「あぁ、冬季うつですね。」とおっしゃいました。

 

 冬季うつという言葉は知っていました。ヤフーのニュースでは、北欧等の日照時間の短い国の人が冬の間にうつに似た症状になるというような説明だったと思います。遠い国の話で、日本で生活している私には全く関係の無い話だと思っていました。

 

 少し気分が沈んだような気はしていましたが、先の分からない不妊治療が長引いている人なんてそれが普通と思っていました。先生との会話も普段とかわらず、態度も同じだと自分では思っていましたが、先生は「何か」を見抜いたのでしょう。薬を飲めとか、運動とか、そういう指示は全くありませんでした。病名が付いてしまったけれど、特にする事が無いという妙な状況になりました。

 

 このまま日本に居ても何もかわらないと思った私は1人で台湾に行く事にしました。2人分の飛行機代はきつかったからです。日本より日が当たる所で、交通費がかからず、宿泊費も安くて、女1人でも大丈夫そうな国。それが台湾だったからです。

 

 台湾の友人にも連絡せずに行きました。うつ…今でこそよく耳にしますが、当時のイメージは良くなかったです。昨年、「真田丸」にはまった影響で、堺さんの出ている映画を何本か観ました。「ツレがうつになりまして。」も。本当のうつがどういったものかちょっと分かりました。本当のうつになったら布団から出るのも無理です。人によって程度は様々でしょうが冬季うつはしれています。私は全く自覚がありませんでしたし。

 

  1月のある日、私は1人で台北へと出かけました。もし、今行くとしたらもっと南を選ぶと思います。日当たりの事を考えるなら。1人旅は気楽で、朝から晩まで散々歩き回って気になるお店を見つけてはウインドーショッピングを楽しみ、お腹が減ったら好きな物を食べ、シャンプーやマッサージで心も体も癒されました。日本語だけで過ごせるのもストレスにならない理由ですね。

 

 観光でお寺にでも行ってみようと思っていましたが気がかわって漢方の店に行きました。保険がきかないので1ヶ月分の漢方薬を買うのは無理で、気休め程度に1週間分買いました。

 

 日光も食べ物もマッサージも私を癒してくれたと思いますが、1番は台湾の人でした。

 

 診断されたわけではないですけど、私はずっと冬季うつだと思います。この時期こそ台湾に出かけるべきなのですが、にこちゃんの入院日が決まり、病気の中には潜伏期間の長いものもあって、院内感染を防ぐためにももう外出しないように言われているので家に閉じこもったままです。

 

 暗い2月をそのまま受け入れる、自然に寄り添う生き方もありますが、私は違う事を考えてみました。航空便がEMSにかわって出費が増えたのにまたポチってしまいました。光療法の電気を買いました。アメリカのアマゾンでは55ドル程ですが、電圧の事も送料も分からないので日本のアマゾンで買いました。価格帯では中間のを選びました。安いのはUVカットで無いので家の中で日焼けするのは嫌だったからです。今晩届きます。効果があるかは不明ですが明日の朝から使ってみます。

 

 有名なのはこの機械のようです。

 お手頃価格で日焼けOKなかたにはおすすめ。

 

 台湾に行く元気のある人はぜひ台湾で癒されて来て下さい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

算数分かりませんけど、台湾からのEMSはお手頃価格のようです

 数日前、友人からメールが届きました。燕の巣が届いた話です。重さを読んでびっくりです。3.2kgと書いてありました。

 

 私が注文したのは230gが4つです。今回おまけに付いて来るのは燕の巣マスク(パック)5枚で、そこそこお手頃価格のマスクが25gくらいなので、きっと30gx5枚で150gくらいかなと。

 

 (230gx4つ)+(30gx5枚)=1070g

 

 これを業者に送ってもらうと2244円だと言うので友達に航空便で送ってもらって1000円ちょっとになると思っていたら、まさかの3.2kg。

 

 中身の本数が間違ってるんじゃないかと思って開封してもらいましたが、4本で間違っていません。箱が重いんですか??? 2kg程あるんですか??? 友人に箱はいらないから捨ててとメールしましたが通じなかったもようで、EMSで送るか航空便にするか聞かれました。

 

 日本の場合EMSは3kgまでか3.5kgまでしか選べないので、3.2kgの荷物を日本から台湾にEMSを送ると4800円です。

 

 ところが、台湾から日本へのEMSの価格はNTD920(3036円)、航空便だとNTD785(2590円)だと言うのです。EMSは2日程で着くのに、航空便は6日程かかります。なのに差額が446円? EMSでお願いしました。

 

 燕の巣を何本かEMSで送ってもらって、他は船便にするというけちくさい考えも浮かびましたが、友人、妊婦さんなのでわずらわしい事を増やすのも悪いと思って全部EMSにしました。

 

 NTD920を超えない程度に白きくらげと「自然の顔 葱味」入れてとお願いして。

 

f:id:hello-taiwan:20161220095146j:plain

 

 EMSの価格は世界共通だと思っていたので意外でした。そして業者の送料は高いと思っていましたが逆に安い事を学習しました。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

美肌の秘密はレーザーでしたか

 その昔、友人のお肌はニキビ跡でぼこぼこでした。数年後に再会するとぼこぼこは半分以下に減り、お肌もどことなくピカピカしか感じに。

 

 何したらきれいになった?という私の問いに、良いマスク(顔用パック)を見つけたので毎日してるという返事が返って来ました。

 

 1枚60円くらいで、当時は新しい成分だったEGFというのが入っていました。

 

 日本でパックを見かけるのはデパートの化粧品売り場くらいのもので、1枚1000円から2000円のものしか知らなかったので試す気も全くありませんでした。

 

 欲しくなって私も使ってみました。べたべたで使った後の心地がよろしくなく、成果も感じられません。「台湾に行ったらマスクを大量に買う」という日本人文化には実体験から興味が出ませんでした。

 

 何年もたってから他の台湾人に「台湾のマスクはオールインワン」だと聞きました。私は日本のパックの要領で、パックの後からも乳液をぬっていました。要は使い方を間違えていたのです。

 

 昨年、何度も友人に会いましたがお肌は以前にも増してきれいです。ニキビ跡は当初の3割程に減ったように思います。日本のデパートでファンデーションの買い物をしたので、色を選ぶためにメイクを落としてすっぴんをまじまじと見る機会がありました。茶色いしみが相当ありました。女ってこういう時、シビアです…。年相応な気もするし、台湾の方が紫外線多いから仕方が無いのかなと思いました。

 

 秋、友人宅で世間話をしている時、話は突然かわってレーザーの話になりました。毎月、レーザーに行っていると言うのです。台北ナビで104美容クリニック(蜜糖VIP)のレーザーは1回NTD2000(約6600円)という広告を見た事があったので、お手頃価格なんだろうとは思いました。

 

www.taipeinavi.com

 

 がしかし、友人の通っているクリニックは日本円にしたら1回1700円だと聞いて倒れそうになりました。チケット制で初回はまとまったお金がいるらしいのですが。

 

 一緒に行こうと誘ってくれましたが、まとまった回数券を買って、毎月毎月台湾旅行に行くのは現実的ではありません。

 

 それと私が気になるのはたるみやら毛穴やら数えればきりがありませんが、おそらくそれらをレーザーで治療しようとすれば安くは無いはずです。日本では情報誌の最後の方に広告が載ってますが読む気にもならない金額です。いくら台湾でもお手頃価格では無いはず。

 

 1回1700円…。かなり気になる金額ですが、このレーザーで私のしみが無くなるとは思えません。だって友人のしみ、無くなってないんですもの。女のこういうイヤラシサ、自分でも嫌になります。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

 

台湾人のお買い物 ドクターシーラボの美容液

 ドクターシーラボ スーパーホワイト377VC 18gの価格を調べて欲しいとメールが来たので公式サイトで調べました。

 

 中国語でも見れるようだったのでまずそちらを見ました。18gでNTD2250です。

www.ci-labo.com.tw

 

 日本のサイトには数量・期間限定販売の28g9288円があったのでそちらを連絡しました。やっぱり28gの方がお得だと思ったようでお買い上げです。

 

 今日は公式サイトがメンテナンス中で、日本の18gの価格は分かりません。

  

 アマゾンで見た感じでは5616円のようですね。

 

 

 たまたま友人の美意識が高いのかもしれませんが、美容に関する出費、多いなぁと思います。がしかし、冷たい食品は全く口にせず、台湾人なのにあのマンゴーピンすら食べた事が無いと言うので徹底しています。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

ピーチにミルクをお願いする時の事

 双子ちゃんが初めてピーチに乗ったのは生後6ヶ月くらいの事です。

 

 もちろんお湯と白湯を持って飛行機に乗りました。

 

 泣く→ミルクの時間だという事で機内での初めてのミルク作りにチャレンジです。

 

 ところが、両親が両方子供を抱っこしているので、手が自由に動かず、使うのが魔法瓶に入った熱湯なので焼けどの心配もあるし、うかうかしてはいられまん。

 

 本当に困っていたので、近くの乗客さんの迷惑にならない程度にフライトアテンドさんに何度も声をかけたりと努力の限りを尽くしましたが、気付かぬふりを貫き通しているようにしか見えません。あきれ返る位声をかけると「しぶしぶっぽく」引き受けてくれました。200mlを2本お願いしました。

 

 ちょっと後に届けられたのは「熱湯ミルク」です。ガクプル。これは熱過ぎると思うのでもう少し冷やせませんか?とお願いしたところ、

 

 ぬるいと思ってわざわざ温めて来たんですけど!!!(ぶち切れてるし…。)

 

 え、何それ?

 

 このお方、皮膚に温度を感じる機能に何か問題がおありなのでしょうか???

 

 それとも単なる言い訳? 

 

 今となっては分かりません。どの位時間がたったのか覚えてませんけれど、そこそこ熱い温度のミルクが届けられました。

 

 そして、いくばくかしてまたピーチに乗り、ミルクをお願いしました。やはり熱湯です。温度を下げてもらいたい話をすると、白湯は無いので氷を入れるしか温度を下げる方法がありませんと教えてくれました。

 

 前回、温度が下がったのはどういう方法だったのでしょうか?

 

 1 いくらかミルクを捨てて氷を入れた?

 2 何かの容器に氷を入れてボトルごと冷やした?

 

 全く分かりません。

 

 飛行機には白湯が無いという話を聞いて粉ミルクを増量し、白湯を加えて適温のミルクは完成しました。

 

 白湯は持っているので知ってたら温度には何の問題もありませんのに。

 

 ぬるいと思ってわざわざ温めて来たんですけど!!!

 

 これを聞いた時は腰が抜けました。

 

 ピーチに乗る時は白湯をお忘れ無く。

 

 値段がお手頃なのでこれしきではまだめげません。

 

 ※ 他の飛行機も白湯を積んでいない、冷やす方法が無いのが常識ならモノ知らずで申し訳ありません。