双子ちゃん&ひよこママの気ままな台湾旅行

根性無し・お金も無し・高齢出産にて体力も無し!の三拍子そろったひよこママが、双子ちゃんと一緒に、ほぼ無計画で実行する台湾旅行記

台湾のお正月がおめでたいと言って、どさくさまぎれに禧元堂の燕の巣を買ってみた

 燕の巣の含有量が多くて安いのは純品現燉燕窩(100%燕角)、385gが6瓶でNTD21500ですが、日本円にして約7万円。今払えっこないし、我が家の大好きな週末台湾旅行に余裕で2回行ける金額なのであっさりあきらめました。ちなみにこちらの1gあたりの燕の価格はNTD9です。

 

f:id:hello-taiwan:20170129090256j:plain

 

 次に目をつけたのが即食燕窩です。1瓶230gで90%が燕の巣です。1瓶だとNTD3200ですが、2瓶だと割引があってNTD5580になるので見事につられてみました。こちらは1gあたり約NTD13です。

 

f:id:hello-taiwan:20170129091117j:plain

 

 先日、台湾のページから会員登録したのでそこから注文しようとしましたが、住所を入力する欄がありません。ページの下の方に日本語のサイトに切り替える文章を見つけたのでそちらに移動しました。

 

 会員登録からやり直しです。割引はNTD660つきます。しかし、台湾のページから申し込むと割引はNTD200で、NTD3000買い物するたびにNTD200の割引があります。この段階ですでにNTD800がお徳です。さらに太っ腹なのは購入金額に応じておまけの商品が付いて来る事でした。

 

 日本語サイトからの送料はおそらくEMSで2244円でしたが、航空便だとかかっても1625円です。

 

 ざっくり計算して約5000円は違うので、台湾のページから注文して送料0円で友人宅に送り、そこから日本に送ってもらう事にしました。

 

 台湾のページには意味の想像もつかない文字もありましたがなんとかのりきれました。

 

 寄給→送信、寄給 訂購人→注文を送信します、訂購入→予約購入する、収件人→受信者、それと伊甸社會という施設に寄付するかどうかの文字が難しかったです。

 

 燕に使ってしまったお金は食費を削って捻出に励みます。

 

扉が開かないようにするグッズ買いました 双子ちゃんが散らかした部屋はまだ散らかったままです

 先週でしたか、使っていない食器を捨てたので、押入れに無理やり突っ込んであるカラーボックスの引き出しの一部に空きがありました。

 

 お皿など割れたら困るものは全部その場所に移動しました。

 

 結果は、とんでもなく使いにくい。隣の部屋の押入れを開けて、引き出しも開けないと出し入れできないのですから。

 

 この状態で生活するの無理。私、とんでもなくずぼらなので。

 

 で、扉が簡単に開かないようになるグッズを購入しました。明日の到着が待ち遠しいです。

 

 

 お皿以外の割れないものは、子供の手の届かないありとあらゆる棚の上に避難中です。ありえない散らかりよう。部屋の乱れは心の乱れ!

 

 桜で乱れるなら優雅ですがね。春はまだまだ先ですね。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

またものが増える こうなったらとことん物欲にまみれてみる

 先日、着物屋さんに行って来まして、想像よりずっと若い30代と思われるイケメンのお兄さんが対応してくれました。

 

 芸能人にはうといので、誰に似ているとか、誰よりもかっこいいとかは分かりませんが、「あの人芸能人だよ」と言われたら鵜呑みにすると思います。

 

 昔の人が歌舞伎役者を見てかっこいいと思ったり、平安貴族がお坊さんの読経にうっとり☆に近いものがありました。

 

 で、私の着物は袖と丈が短かったです。袖丈を直すのはお手頃な方で払えなくは無い金額でしたが、丈はGUでは高い値段のワンピースが8枚位は買える金額でした。

 

 懐事情を察してくれたお兄さんの提案は、袖丈の短すぎるのはおかしいから直しましょう。縫込みがあるので出す生地があります。丈は普段着用の着物なら少々短くてもおかしく無いし、着付けでカバー出来る範囲ですと。実際に着てみて、どうしても着にくかったら直してもいいですねと。

 

 1枚にしようかとも思いましたが、仕上がりが3月になると言うので、袖だけ2枚お願いして来ました。なじみの無いものにお金を使って、結局着なくて失敗したとか嫌なので。

 

 今朝、実家に袖丈を直すのをお願いした話を電話しました。高齢ですからたまに電話で元気かどうかチェックした方がいいと思ってたわいの無い話をします。

 

 その流れで、同居しているお嫁ちゃんが私に着物をくれる事になりました。結婚した時はぽっちゃり位だったのが、今や倍の横幅に。着物を直して着れる範囲を超えてしまい、しかも痩せる気も無いそうです。かなりびっくり。祖母と同じ位の身長なので、太らなければそのまま着れたはずなのに。なんだかもったいない気がします。

 

 もらう前にしまう場所を確保しなければなりません。置けるような場所も無いし。強いて言うならベッドの下でしょうか。高さの低い桐の入れ物なんて売ってるのでしょうか?あぁ、入れ物にお金を払うのは嫌…。でも着物に対する執着心はまだ始まったばかりです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

片付けが足りないのか? ものが多すぎるのか?

 夕方、保健師のかたから電話がありまして、双子ちゃん達が台所でおとなしいけれども何かしらもそもそやっているなとは気付いていました。

 

 電話を切って台所を見るとひどい有様です。

 

f:id:hello-taiwan:20170128161709j:plain

   

 どこから手をつければいいのか分からなくて、とりあえず寝ました。母の適当な性格が揺り動かされる事はありません。

 

 最近、口癖のように「家の中のもの半分捨てたい」と言ってるので、その時が来たのかもしれません。

 

 今から片付けます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

禧元堂の会員になってみた 一歩燕の巣に近づいたかも

 中国語のページしか無かったのですが、名前やアドレスくらいしか入力するところがなかったので会員登録しました。住所の入れ方は分からなかったので放置したままにしましたが大丈夫でした。

 

www.xiyuantang.com

 

 よく分からないのですが、会員になるとNTD200もらえるっぽいです。

 

 「継続は力なり」って言うじゃありませんか。ちょろっと燕の巣を食べたところでお肌に良いわけ無いと思うんですが、正直なところ。毎日食べれる人しか手を出さない方がいいんでしょうか?老化で下るばかりのエレベーターを逆走する元気も資金も無いのですから。はぁ。でも1回位は試してみたいんですよね。

 

 台湾に行ってもホテルも安い所だし、高級品を食べるわけでも無し、ちょっとマッサージするくらいで、お金はほとんど使いっていないので、震災の時の寄付のお返しのつもりで1回位ちょっと値のはるものを買ってみてもいいんじゃないかという考えがむくむくとわいて来ます。

 

 断捨離でものを捨てて、物欲から開放されるかと思いきや、欲しいものが噴出して物欲まみれの状態です。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

お正月のお買い物 妄想中 燕の巣が欲しい

 立て替えたお金で、何か品物を買ってもらおうと妄想中です。

 

 同じ買うならお正月の目玉商品がいいなぁと思って計算機片手にネットとにらめっこです。

 

 欲しいと思っているのが燕の巣だというのがもう正気ではありません。

 

 台湾の有名メーカーの2つがもう広告を出しています。

 

www.xiyuantang.com

www.twhct.com.tw

 

 

 禧元堂の方が有名だと思っていましたが、計算すると燕の巣はちょっとだけ安いです。

 

 華齊堂は真珠パウダーとマスクのセットをもらった事があります。多分これは通年売ってる商品で価格はNTD1380です。

 

 真珠パウダーは、最初の1週間は2袋飲んで、その後は1袋でいいそうですよ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

 

シンプルライフのブログで着物に出会う

 毎朝、ベッドの中で筆子さんの「筆子ジャーナル」を読むのが日課です。読むと片付ける気になります。

minimalist-fudeko.com

 

 

 シンプルライフ系のブログは大好きで、検索してはいろいろ読んでいます。数日前にどのブログで読んだのか思い出せないのですが、シンプルライフにしたら着物を着るようになった(興味が出たの間違いかも)記事に出会いまして、真似してみたいと思いました。

 

 祖母の着物を受け継ぎまして、好きじゃない色や柄のはさようならしました。どうやら祖母は緑とオレンジ色が好きだったのだと思います。沢山ありました。がしかし、緑はまだしも、私はオレンジが嫌いです。さようならに迷いはありませんでした。

 

 着丈はきっと大丈夫なのですが、袖丈がつんつるてんで、直せるのか、費用がいくらかかるのか調べる気も無くて放置していました。完全に臭いものにふた状態です。いつまでもこのままという訳にもいかないし、重い腰をやっとあげて着物屋さんに電話で予約を取りました。

 

 直せるのか直せないのか、支払えそうな金額なのかはっきりしてから、残すのかさようならを決めようと思います。

 

 着物を着るような習い事をしている訳でも無いし、今のところ習う予定も無いし、年に何回着るのか分からないようなものにお金をかけるより洋服の方がよっぽど良い気がしますけど、着てみたい気がちょっとあります。

 

 双子ちゃん達の結婚式まで元気で長生きしているか分かりませんが、着れそうだったら留袖だけは残したいです。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村