読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子ちゃん&ひよこママの気ままな台湾旅行

根性無し・お金も無し・高齢出産にて体力も無し!の三拍子そろったひよこママが、双子ちゃんと一緒に、ほぼ無計画で実行する台湾旅行記

高雄のホテルで凍える その2

 別の建屋の部屋に移る事になりました。荷物と子供達を抱えてたどり着いたのは「エグゼクティブフロア」でした。エレベーターを降りた正面に吹き抜けがあり、先程までいた廊下の両側に部屋のある階とは大違いです。同じ階の部屋数は少なそうですが吹き抜けが気になります。物音ひとつしないので、これではいちこちゃんの夜鳴きが全館に響き渡りそうだと思いました。前の階には中国人らしき若者グループが滞在していて夜中にもかかわらず騒いでいる声がするので、正直その事に安堵していました。いちこちゃんの夜鳴きが目立たなくなると思っていたのです。

 

f:id:hello-taiwan:20161222072129j:plain

 

 部屋の大きさはそうかわらなさそうでしたが、ベッドのサイズが大きくて、壁飾りが豪華でした。お風呂に湯船が無いのはちょっと以外でした。

 

f:id:hello-taiwan:20161222072305j:plain

 

 ひよこパパになんて下手な英語なんだと本当の事をずけずけと言われましたが、通じた結果寒くない部屋にかわれたのですから目的は達成です。部屋をかわってからもう1回、下手呼ばわりされた英語で私は布団を借りました。サイズの大きい羽布団が2枚届きました。子供達にかぶせてやっとこれで1日が終われる、朝はまだ墾丁にいたなんて信じられないと思いました。2:00をまわっていました。

 

 朝、1人ずつ交代で朝食を食べに行きました。S夫妻を見つけたので部屋をかわった話をすると、S夫妻の部屋も寒かったそうですが耐えて寝たという話でした。朝食前に少し遠めの散歩もしたそうです。

 

 朝食はバイキングでした。フルーツが食べられるホテルの朝食は初めてだったのでちょっとテンションが上がりました。

 

 エレベーターの戸が開いたら、2人の大きな鳴き声が聞こえました。恐れていた事が勃発していました。宿泊してる人達ごめんなさいと心の中で思うしか無く、慌てて部屋に戻りました。

 

 自腹では到底泊まれ無さそうな部屋に1泊したのは貴重な体験でしたが、私達にとって快適なホテルとは部屋の広さやベッドの大きさよりも、他の部屋が少々うるさくて子供の泣き声にびくびくしなくてすむホテルだとしみじみ思いました。そういう意味で当分は、うるさい中国人がいるホテルを好きになりそうです。

 

<2016.10.16>

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村