双子ちゃん&ひよこママの気ままな台湾旅行

根性無し・お金も無し・高齢出産にて体力も無し!の三拍子そろったひよこママが、双子ちゃんと一緒に、ほぼ無計画で実行する台湾旅行記

墾丁観光 台湾最南端 戦前の日本語教育について考えさせられる

 水はけを考えられたような道が続きます。

 

f:id:hello-taiwan:20161227100458j:plain

 

 到着すると断トツでシルバー世代の割合が高いと思いました。この場所の写真スポットはこちらです。

 

f:id:hello-taiwan:20161227100532j:plain

 

 私達も写真撮影を終えて、地図を囲んでしばし会議です。朝、ホテルで耳にした道が通れない理由は何なのか。吊橋と出火は「行ったらしょぼかった」有名な場所らしい。次の公園まで行って引き返すのか。今の時間配分で無事に潮音寺にたどり着けるか。などなど。

 

f:id:hello-taiwan:20161227100600j:plain

 

 途中から何か少し違和感があるなぁと思っていました。地図を覗き込んで下向きだった顔を上げてみると輪に見知らぬおじいさんが加わっていました。4人全員、鳩に豆鉄砲状態です。いつ輪に加わっていたのかはっきり分からない。そして流暢すぎる日本語。でも日本人では無さそう。

 

 その後は、ここぞとばかりにおじいさんを質問ぜめです。道路は通れる、道がすいているから出火までそれ程時間からないの2つを聞いてほっと一安心しました。

 

 次が本丸だと思って潮音寺の事を聞いたのですが、「聞いた事が無い、台湾には沢山のお寺があるからよっぽど有名じゃないと知らないですよ。」と、「猫鼻頭公園には猫がこっちを向いている岩があるだけですよ。」との事でした。

 

 台湾の高齢者は日本語が話せるとは耳にした事がありますが、ここまで流暢だとは思っていませんでした。戦前の日本語教育について考えさせられる出来事でした。

 

f:id:hello-taiwan:20161227100633j:plain

 

<2016.10.15>

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村