読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子ちゃん&ひよこママの気ままな台湾旅行

根性無し・お金も無し・高齢出産にて体力も無し!の三拍子そろったひよこママが、双子ちゃんと一緒に、ほぼ無計画で実行する台湾旅行記

冬季うつ、プチうつの人よ、台湾へ行こう

 何年前の事か忘れましたが、毎月不妊治療のために通院していた私に、先生が突然、しかし淡々と「あぁ、冬季うつですね。」とおっしゃいました。

 

 冬季うつという言葉は知っていました。ヤフーのニュースでは、北欧等の日照時間の短い国の人が冬の間にうつに似た症状になるというような説明だったと思います。遠い国の話で、日本で生活している私には全く関係の無い話だと思っていました。

 

 少し気分が沈んだような気はしていましたが、先の分からない不妊治療が長引いている人なんてそれが普通と思っていました。先生との会話も普段とかわらず、態度も同じだと自分では思っていましたが、先生は「何か」を見抜いたのでしょう。薬を飲めとか、運動とか、そういう指示は全くありませんでした。病名が付いてしまったけれど、特にする事が無いという妙な状況になりました。

 

 このまま日本に居ても何もかわらないと思った私は1人で台湾に行く事にしました。2人分の飛行機代はきつかったからです。日本より日が当たる所で、交通費がかからず、宿泊費も安くて、女1人でも大丈夫そうな国。それが台湾だったからです。

 

 台湾の友人にも連絡せずに行きました。うつ…今でこそよく耳にしますが、当時のイメージは良くなかったです。昨年、「真田丸」にはまった影響で、堺さんの出ている映画を何本か観ました。「ツレがうつになりまして。」も。本当のうつがどういったものかちょっと分かりました。本当のうつになったら布団から出るのも無理です。人によって程度は様々でしょうが冬季うつはしれています。私は全く自覚がありませんでしたし。

 

  1月のある日、私は1人で台北へと出かけました。もし、今行くとしたらもっと南を選ぶと思います。日当たりの事を考えるなら。1人旅は気楽で、朝から晩まで散々歩き回って気になるお店を見つけてはウインドーショッピングを楽しみ、お腹が減ったら好きな物を食べ、シャンプーやマッサージで心も体も癒されました。日本語だけで過ごせるのもストレスにならない理由ですね。

 

 観光でお寺にでも行ってみようと思っていましたが気がかわって漢方の店に行きました。保険がきかないので1ヶ月分の漢方薬を買うのは無理で、気休め程度に1週間分買いました。

 

 日光も食べ物もマッサージも私を癒してくれたと思いますが、1番は台湾の人でした。

 

 診断されたわけではないですけど、私はずっと冬季うつだと思います。この時期こそ台湾に出かけるべきなのですが、にこちゃんの入院日が決まり、病気の中には潜伏期間の長いものもあって、院内感染を防ぐためにももう外出しないように言われているので家に閉じこもったままです。

 

 暗い2月をそのまま受け入れる、自然に寄り添う生き方もありますが、私は違う事を考えてみました。航空便がEMSにかわって出費が増えたのにまたポチってしまいました。光療法の電気を買いました。アメリカのアマゾンでは55ドル程ですが、電圧の事も送料も分からないので日本のアマゾンで買いました。価格帯では中間のを選びました。安いのはUVカットで無いので家の中で日焼けするのは嫌だったからです。今晩届きます。効果があるかは不明ですが明日の朝から使ってみます。

 

 有名なのはこの機械のようです。

 お手頃価格で日焼けOKなかたにはおすすめ。

 

 台湾に行く元気のある人はぜひ台湾で癒されて来て下さい。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村